スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピタゴラスイッチ♪(無双オンラインも可!)

ピタゴラスイッチ (無双オンラインも可!)





一歩進んで 前ならえ♪


    一歩進んで 偉い人~♪




んばんはっ 無双の科学 2月号コラムは


  前回 ちらっと お見せしました、強化アルゴリズムのお話です




タイトルにある NHK 人気番組「ピタゴラスイッチ」は


  アルゴリズムをテーマにした番組です。





さてさて、アルゴリズムとは、、、、


  簡単にいうと  答えを出すための効率的な方法  というような意味です



  ポイントは 決まった手順を繰り返す というところです。




「ピタゴラスイッチ」では スタート地点でボールを転がすと、、

  必ず決まった道を通り ゴール(答え)にたどり着きます。


  コンピューターの情報処理にもこのアルゴリズムが応用されています^^






強化アルゴリズム理論




強化アルゴリズム



この考え方を 無双オンラインにも 応用させたのが


  武器強化アルゴリズム理論です



つまり、 いつも一番効率のいい順番の強化 をすることです


  どうしても 意識していないと


  なんとな~く 攻撃強化から入れて


  なんとな~く 連撃にいれて


  終わってみれば 体力強化が1つ残っていた なんてことも。




なので 事前に最効率の強化の順番を決めておくことで 激突を有利に進められます




撃破強化アルゴリズム

 
 撃破効率が最高の状態に持っていく

  C1玉狩りの場合

    攻撃→攻撃→攻撃→ランダムスロットへ移行

  C6狩りの場合

    攻撃→連撃→攻撃→連撃→ランダムスロットへ移行

      (武器によって多少前後あり)




対決強化アルゴリズム


  対決速攻を重視(攻撃スロットが前半の武器)

    攻撃→攻撃→攻撃→、、、

      (決め手となる技を出せることが目標)


  晩成武器(敵が近くにいる場合

    攻撃→防御or体力Max(スロット順が早い方)→、、

      または

    攻撃→無双Max→、、

      (反撃の瀕死無双を狙う)



  晩成武器(敵が近くにいない場合

    攻撃→連撃→攻撃→連撃→、、、
    
      (撃破効率重視で強化)





制圧強化アルゴリズム



  制圧戦は拠点に応じて 強化を柔軟に変化させる必要があります


  しかし基本は、、


     攻撃→撃破効率重視の強化→、、、




強化種類別



破壊強化 : 破壊拠点を確認してから強化

防御強化 < 体力強化

       瀕死無双が打ちやすくなる、饅頭の恩恵を得やすい

       拠点回復機能を活かせる


敵が近くにいるとき

前半スロット > 後半スロット


敵が近くにいないとき

前半スロット < 後半スロット





激突の種類や 選択した武器 その鍛錬に応じて

  序盤、中盤、終盤 でなにが目的なのかを決め、

  独自の強化アルゴリズムを作ってください(^-^ゞ■










無双オンスイッチ「ね」!
ネットカフェで井戸端無双、これぞ真のセレブ!

にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村


次回の無双の科学は 「双錘乱舞4 火炎! 盾双錘」


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。