スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無双の履歴書 第10期 小池さん… 小池さん…

無双の履歴書 第10期





人…オンラインゲームの最大の醍醐味

 

  過去を振り返ったとき

  どうしても忘れられない話しを

  もう1つ 綴ってみたいと思います。




無双の履歴書 第10期は 第9期に引き続き

  対人エピソードをご紹介します









無双の履歴書 第10期

小池さん… 小池さん…





これまでに 何度か書いてきましたが


  私の名前、keiko とは


  作成当時、2年半の同棲の末 遠距離関係になってしまった

  
  恋人の名前をアルファベット置きにしたものです。




恥かしい話しですが


  作成直後は keiko というアバターを通して


  彼女を思い起こしていたように思います。


  今思うと だからこそ 3ヶ月の完全ソロ時代があったのかもしれません。






そして 丁度 一年前の今頃


  その関係が終わってしまいます。





意識の中へ




半年間の「延命期間」の後


  最後は 私から手紙を書き すべてを清算します。





  


  彼女に新しい相手が居るだけに、、




  私にとって信じられる唯一の存在だっただけに、、




  そりゃ~も~、、   大変でしたw








そして 今度こそ




  keiko というアバターで続けるべきかどうか



  考えます






しかし 第8期でも書いたように



  「サブ」として仲間に会いたくはないっ



  それでも、ただの字面のはずなのに



  その名前を見るたび 脳裏によぎり苦しむ





*   *   *   *   *






「ごめんっ!


  そんなこんなでちょっとキツイで


    しばらくインできひんかもしれへん^^;」





ある日、順々に ギルドメンバーに事情を話していたとき

  メンバーの一人が 私ことを



「小池さんっ 小池さんっ^^」



  って呼び出すんです

  釣られて一緒にいたもう一人のメンバーも



「無理しないでね 小池さん^^」




「??? まったく また私がこんな状況やからって 笑わかそうとしてっ^^」



  そんな 軽い感じで ありがとう と伝えます、、、









メンバーが続けます





 「いつでも遊びにきてねw 小池さん^^」




  こいけ さん、、、、



  











   



   、、、、、、koike さん















それは   もう   泣かせてもらいました ;;;





*   *   *   *   *

  
  



う見ると 沢山の仲間に囲まれた このアバターは


  私の中の keiko とは 全く別の存在になっていました。








そして




  全く動揺なく keiko としてインできる 今


  
  寂しさを紛らわせるためではない


  
  仲間のため これからの自分のため


  
  このアバターの新しい必要性を感じています■






  次回は 無双の履歴書 最終項 を更新します







にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!




関連 検索キーワード 「無双の履歴書」「第8期」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。