スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無双の履歴書 第9期 対人の魅力 対人の怖さ

無双の履歴書 第9期





間は少しさかのぼります


  桃園大学時代にインしていたある日のこと

  
  当時のフレである Rさんから/tellが入ります



  「ある人に謝りたい でも一人では怖い」

  


  無双の履歴書 第9期、10期はテーマを「対人」に移し綴りたいと思います。






無双の履歴書 第9期

対人の魅力 対人の怖さ






             ■ Waltz for Ariah mist様 ■




あるプレーヤーを絶交したいとき 

  他者に対して 不快感を覚えるとき

  どんなときを想像しますか?



不正、 罵詈雑言、 あまりに身勝手な行動、、

  その中のひとつに


    故意の 回線切断


    があげられるでしょう。




味方が不利になった時

  自分の思い通りに行かなくなったとき

  ごく稀に見られることがあります。



そして

  残された味方は 多くの辛酸を舐めることになります




*   *   *   *   *




Rさんの相談はまさにこの点で

  制圧戦途中で 突然 回線が落ちてしまった

  そのとき たまたま 味方が不利だった

  そのとき たまたま 味方から動きの指摘をされた直後だった
、、、


もう手遅れかもしれないけど 

  直接 謝りたい、、

    


  でも どうしても そのときのことを考えると    怖い




それを聞いた私は びっくりしてしまいました。





だって





  そんなこという人





  今までにいませんでしたから^^







しかも

その謝りたい相手は またもや 私のフレ

  私は 二つ返事で 仲介を引き受けました。
  


  
それは

  この話しに嘘はないと 判断したから
 


そして

  気持ちが伝わらないはずが無い! と判断したからです






*  *



フレの Kさんを呼び出し Rさんと引き合わせます。


  弱弱しく、かつ 慎重に言葉を選んでいく Rさん




  Kさんからのチャット返信を待つ間


  何度と無く 私に 


    怖い、、、 どうしよう、、


  といった/tell が飛んできます




でも 一番驚いていたのは Kさんでした



  「はじめて そんなこと言われた!」



  「言ってくれて嬉しい。 回線不調は誰にでもある」







チャットを重ねるごとに

  仲良くなっていく二人を 眺めていた私は

  これから先 いったい「何の為に」

  無双オンを続けていくのか 考えていました。



強くなるためだけでもなく

  希少なアイテムを所有するためだけでもなく

  新しい 何かのために 続けることを考え始めます。





撃破研究会に戻る 少し前の出来事でした■







ギルドイベント「新春厄払★脱残念大祭」開催中!
にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村


応援ありがとうございます!



関連カテゴリ  「★無双の履歴書」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。