無双の履歴書 第7期 一方的な発信

無双の履歴書 第7期 一方的な発信



鳩三郎の次に作成した男型のアバターに

  桃園大学.襄陽 がいます。

  蜀の原点でもある「桃園の誓い」から名前を取りました。

  また、大学 としたのは

  撃破だけでなく 無双オンライン全体の攻略を

  体系的に 誰でもわかりやすいように 整理、紹介したい



  そんな思いを込めてつけました。


  
  しかし、思いは空回りしてしまいます



  
無双の履歴書 第7期は 桃園大学のギルド加入から

  そのギルドの解散までを 綴ります。






無双の履歴書 第7期

一方向な発信



無双の履歴書 第7期
       現在の 桃園大学.襄陽
       合同演習会にて ギルドメンバーと




破は誰でも必ず上手くなる、、、、

  keiko.渤海からはじまった撃破戦の攻略

  鳩三郎対決戦攻略につづき

  このときから すべての激突戦がつながりあっている事を

  意識するようになります。





また 天涯孤独にゆっくりやっていこうと思っていた矢先

  私の 対決の腕を買ってくれ ギルドに勧誘してもらいました。

  すこしずつ 人と接しながらの遊び方に慣れていきます。




しかし、対決専門ギルド内で 徐々に慣れていくと同時に

  激突全体を愉しみたい私と 

  対決を愉しみたいメンバーとの

  食い違いが徐々に波紋を広げていきます  





また、それとは別に 私の中にもう1つの思いが強くありました。

  「新規プレーヤーに私と同じ思いをさせたくない


    完全ソロという長く孤独な時間


    苦手な激からくる不必要な劣等感 



  しかし、思いが強いだけに

    潔癖な私のプレイスタイルは

    メンバーとたびたび衝突するようになります





誘ってもらったギルドのマスターに就任するも

  一方的な発信は メンバーとの溝を深くするばかり、、

  

晴れて私のギルドとなった時より

  一人、、、また一人とメンバーは去っていきます



ブログを開設し、ギルド内でもいろいろ趣向を

  凝らしているはずなのに なぜなのか??

  

いつもは 対決に出掛け

  メンバーが集まれば とにかく対決演習会

  前のマスターがやっていたその方法にうんざりしていた私は

  もっと他にも 楽しいものがあるんやで!

  対決以外にも こんなに楽しいものがあるんやで!


  そんな気持ちをメンバーに届けたかった、、、



  

  一方的な私の思いが伝わることは

    ありませんでした。






さらに リアルで決定的なことが起こります


  当時、私が最愛の人と信じていた人との関係が終わり


  深く落ち込む時期が始まります




仕方ないとわかっていても

  どうしても思ってしまうことが


  「無双onに費やす時間は 無駄だったのか?」



  「無双の世界で人との関係を作れず、
 
    リアルでも大切な人との関係が終わり」



  元はその寂しさを埋めるためにはじめた無双
  

  自分はいったい何をやっているのか!?




  激しい消失感の中、

    不毛となってしまった二人のアバターと 

    更新をしなくなってしまったブログだけが

    手元に残ります。



  廃人 と形容するに正しい時期が2週間ほど続き、、

    本当に 無双onlineから引退しようと考えたのも

    このときでした。





  その後、彼らのメッセージを目にするまでは、、、■








にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ


  (深く悩み、傷ついたとき

   過去の自分をせめても何の解決にもならない)

     *当時自分を慰める言葉を果たして

      私はいくつもっていたんやろうか?

      

  
    
スポンサーサイト