無双の履歴書 第六期 鳩三郎の対決日記

無双の履歴書 第六期 



夢のような日々が終わり


  ぽっかりと明いた空白の時間


  大きな消失感のなか 約2ヶ月ほど

  
  無双音からは完全に離れます



第六期は 再アバターの作成と 対決の弱点克服 までを綴ります






無双の履歴書 第六期

鳩三郎の対決日記



退を告げてから 約2ヵ月後


  ふとしたことからインした無双オンラインはやはり忘れることが出来ず


  極力 一人でのんびりやろうと思い始めます。



鳩三郎の対決時代


          鳩三郎.襄陽



一年ぶりにやる 新参からのスタートにも


  とても新鮮さがありました。


  様変わりした 初陣 と

  
  一気に義が200もらえるシステムに驚いたことを


  よく覚えています^^





きっかけは 全く覚えていません。


  トラウマになるほどの 対決の部屋に最初に入ったときのことです。


  


初めての武器を使ったとき



ひさしぶりの激突種に参加したとき



  などなど、極稀に 妙~~に戦績がいいことがあります。



このとき初めて 撤退せずに終わらせることに成功


  そのとき 次のように思えたことでその後の無双を大きく転回させます





「対決は 相手の武器やレベルなど 常に状況が違う」



「武器には有利不利の関係が有り、押し引きも重要になるのでは?」



「実力は 1戦だけでは判断できない」





そのときから

  「対決記録」 をつけ始めます


  ・勝ったら 〇 白星

  ・負けたら ● 黒星

  ・10戦おきに 星を集計

  ・備考に 勝ったり負けたりした理由を書いていく


20101213044323.jpg



10戦単位と考えることで

  一戦一戦の負けを 余り気にせずにできます。

  備考欄に 同じことが何度も出てくることで

  ポイントが徐々にわかってもきます。



  双錘の長所と短所はなにか?


  有利、不利な相手はどんな武器か?


  どう強化していけば最も効率がいいか?


  、、、 さっきは何で やられたのか?




漫然と戦う対決から 徐々に脱却でき

  相手の体力を押し切ることを考え始めてから

  

  真っ黒だった表が

  
   すこしずつ その色を薄くしていきました。





  双錘でも  対決で活躍することが出来る ■  






昔は練兵官が普通に広場にいて
そこだけデフォルト服で固まってましたね^^
武官の集まりに早く参加したいと思ってました

にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!
スポンサーサイト