スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ本を読まないといけないのか? あなたの頭はブラックボックスだから

聞を開くと 

  若者の活字離れが深刻 とか

  本を読まなくなった日本人~スマートフォンの影響か~ とか が載っており



書店に行くと

  ◯◯式 速読術 とか

  読んだ本の内容を覚えておく方法 とか タイトルが目が結構あります




「本・読書」 に関するネタは 新聞にも 書店にも ネットニュースにもあふれていて

一体どれがいいのやらわからない状態です

それでもこの話題が尽きないのは

本を読むことはいいことなんだけど なかなかできないのよね~ といった 

日本人らしい 読書=善 という信仰心に似た感情が土台にあるからでしょう




読書
Yahoo! 画像検索「読書」






これまでにいろいろな 読書本 を読んできましたが

  読書とは ずばり

     新しい知識を得ること

          … ではないですよ!





もちろん 知識を得るという側面はあります

ただ それが一番の目的ではありません

人間はコンピューターに 情報量 記憶量では到底かないませんし

  それは今後も 一生 離されていくばかりです

  こんな時代に知識 目的一番で読んでいては勿体無いです






ではなく 読書とは ずばり

    未知の可能性をもった脳みそ に 材料をぶち込んでいくこと

          であるべきだと思っています




あなたの頭は ブラックボックスです

いろいろな材料を ほ~り込めば 見たこともないものが出てきます





文学を読めば

  今までに無かった 深い独り言を言うようになります

歴史書を読めば

  今までよりおじいさんの背中が 少し大きく見えます

ビジネス書を読めば

  今までなんとも思わなかった同僚の仕事の効率の悪さが 目についちゃったりします





本を読めば

  内容を 誰かに話したくなります




どれもこれもが 今までになかった 見たこともないもの です

「誰かに話したくなる気持ち」 でさえ 

それは あなたの頭脳という ブラックボックスが創りだしたものなのです



これらが たくさんある毎日と

  明日が大体予想できる毎日と 

  どちらがいいか 聞くだけでも野暮ってものですよね■  では又






あなたを 読書へ誘う 4冊

読書力 (岩波新書)
読書力 (岩波新書)
posted with amazlet at 16.02.29
齋藤 孝
岩波書店
売り上げランキング: 3,672

王道過ぎてごめんなさい でもやっぱりいいのです
多読文化万歳!


思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古
筑摩書房
売り上げランキング: 132

この一冊で私の大学生活が変わりました
この春 大学へ進学する親戚にプレゼントしたい一冊

本の虫―その生態と病理 絶滅から守るために
スティーヴン ヤング
アートン
売り上げランキング: 500,297

アマゾンで在庫切れだと!
こんな切り口で本をテーマにした本はありません
あなたには なに虫が見えました?


そんなもん 読めるわけ無いやん!
そう思った方に 一番勧めたいのがこの本です

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。