超主観! くるまの交通安全論【他車のタイヤの空気圧は信用するな】

を運転していて 一番に気をつけること

  それは 安全に走行し、事故を防ぐこと です

   交通事故は突然やってくる

   想定していなかったところから 事故はやってくる


だから 普段から 万が一を想定して 運転するべきなのです!




超主観 くるまの交通安全論 タイヤはバーストするもの!

車間距離33


   *この記事は 私の完全なる主観に基づくものであり
    常識人の皆様に於かれましては 「こんなアホな人もいるのか」
    と一笑を頂けましたら幸いです。
    お車を運転の際には、実際の交通ルールにしたがって
    正しく走行してください




自動車の交通事故は いつ何時 どのような形で

  私達に襲いかかってくるか わかりません

  私達ができる唯一の防御策は

  いつ出てくるかわからない 事故に対し 

  あらゆる想定をして 心の準備を 万全にしておくことです



事故を起こしてからでは 遅すぎる!

  事故をおこしてから 後悔しても遅すぎる!

  自分や 自分の大切な人を守れるのは

  そう! あなたの心の準備の深さで決まるのです!



車間距離を 再定義しよう!


高速道路でよく見かける 注意書き

  「追突注意! 車間距離を取りましょう」


しかし 私はこれでは 物足りないと思っています


車間距離とは

   
   前方の車のタイヤが バーストしても 安全に停止できる距離


      に置き換えて考えましょう



万が一の事故を防ぐには 

  道路上のすべてを疑ってしかるべきです

    自分以外は信じてはならないのです!


      (この辺りで もう一度最初の注意書きをお読みください)




事故が万が一の状況において起こるなら

  ドライバーも 万が一の状況を想定しておかなくてはなりません




  車はいつかは バーストするものです!

  どんな障害物を落としてくるか分かりません!




たとえ バナナの皮を投げられても

  余裕でかわせる距離 、、、それが 車間距離なのであります!■






安全を助手席に 気に入ったものをまとめて

    






スポンサーサイト