【無双の展望書】 その結末は…

オンラインゲームを考えることは難しい

  オンラインゲームを楽しみ続けることも難しい












【無双の展望書】1 その結末は…






すぎて 雪が降らず アラレが降る日が続いています

  keiko@桃園大学が発信しています。





昨年の年末ごろから インすることができなくなり

  回線復旧後もインすることは以前より少なくなってしまい、




  
  それでも 4年間の習慣は代え難く、

  頭のなかでは 無双のことを考えない日はありません。





  どうすれば ギルドのメンバーといっしょに 愉しみ続けることができるのか?

  どうすれば 私自身が愉しみ続けることができるのか?






  

いわゆる ソーシャルネットワークは加速していき

  私たちの生活の一部になりつつあります。

  ただ、便利なコミュニケーションツールであればある程、
  
  その関係は浅くなってしまっては、本末転倒だと思ってしまいます。








私がギルドマスターをやっていたころ 






  「無双オンラインをしている時間に ○○ をやっていればよかった」


  




  これが一番 堪えるんです>、<










インターネットサービスは いつ終わるかわからない。

  ある日、突然 無双オンラインが無くなったときに 何が残るのか。

  10年後、今を振り返り あの時間に別のことをしていたら と嘆くのか。


  
  もやもや もやもや しているのです■









昨日は夏圏がほしい! 今日は双刃剣がほしい!
にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村








スポンサーサイト