2016年03月

なぜ本を読まないといけないか? 自分だけの言葉のシャワーを持つ

は 日々聞かされる 言葉のシャワーによって 

  価値観が知らず知らずのうちにつくられる

  ダメな上司の言葉のシャワーからは逃げられない

  だったら自分でシャワーの蛇口を 新たに創りましょう   方法は読書で!



showerimage4.jpg
美肌・美髪をサポート  マイクロバブル BESTY GOLD様より



会社では イヤな上司から 愚痴・文句・不満ばかりを聞かされ

  古い価値観を語られて 最後に「最近の若い者は…」なんて言われる毎日

  そんな生活を10年も 20年も続けていたら 

  いつのまにか 自分もその上司と同じような思考パターンになってしまいます




読書という言葉のシャワー


疲れた身体をシャワーで洗い流すように

  疲れた頭も 言葉のシャワーで洗い流しましょう

  読書は 自分がどういう状況に置かれたとしても

  人生をプラスの方向へ導いてくれます



現実の上司は 誰がいいか選ぶことはできません

  しかし 本の中では自分の好きな著者を選べます

  この人の言葉が聞きたい… この人の価値観を手本としたい…

  

本を読んでいないと 考える材料がありません

  考える材料がなければ とにかく上司に従うしかありません

  だんだんと 上司の顔色ばかり見ながら仕事をするようになります



本を読んでいると 何かと考える材料があります

  考える材料があるから 上司に従いながらも

  もっといい方法はないか この問題の本質はなにか?

  毎日の会話が少しずつ 提案など建設的なものに変わっていきます





 
  上司の価値観を追随するだけの人生を送るのか

  一流の人たちの言葉を浴びながら 自分の世界をどんどん広げていくのか




  
  この差は まさにお金の変えられない 大きな差になります



さぁ 今日はどの言葉のシャワーの蛇口を開こう?






「あのクソ上司め!」 & 「え? まさか今日から俺が上司?」
  と思ったら 読みたい3冊



「できる上司」と「ダメ上司」の習慣 (アスカビジネス)
室井 俊男
明日香出版社
売り上げランキング: 209,088

これからの上司のスタンダード

こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから (文春文庫)
荒井 千暁
文藝春秋
売り上げランキング: 63,708

「耐える」ことのメリットは昔みたいにありません

30代はアニキ力: 後輩を育て、上司を動かす (平凡社新書)
前川 孝雄
平凡社
売り上げランキング: 522,623

上に厳しく 下に優しく





★ランキング参加中★

 
にほんブログ村                
 
人気ブログランキングへ



当ブログはアフィリエイト、Google Adsence(予定)をしています
アフィリエイトは購入を、Google Adsenceはクリックをしていただ
くことで管理者に収益が入ります.記事が面白かった!役に立った!
と思っていただいた方はご協力、応援よろしくお願いします

鳩サブローの さらば!なんとなくの日々
スポンサーサイト

会社員 最大のリスクは 上司を選べないこと

社員として

  どんな仕事をするか は

   もちろん大切なことですが それと同じくらい大切なことは

  どの上司と一緒に仕事をしていくか

    ということです


上司
Yahoo! 画像検索「上司




毎日の言葉シャワーが いまのあなたをつくる



あの上司が好き あの上司は嫌い

 あの人の下についてみたい 

 あの人と仕事することだけは勘弁してくれ




上司について 私達がまず最初に思うことは

  好き・嫌い といった感情的な思いからでしょう

また 出世が早まるかどうか

  その上司の社内の立場を思うこともあるでしょう



しかし それ以上に心配しないといけないことは

どの上司につくかによって あなた自身が変わってしまう危険性です

一緒に仕事をすることになれば 否応なしに その上司の言葉を聞くことになります

 その言葉には 連絡や 仕事の指示などもあれば

  たわいない雑談や おしゃべりもあります



連絡や指示は 誰が言っても あまり変わりません

問題は 雑談や おしゃべりのほうなのです




私たちは 言葉シャワーの様に浴びながら 生きています

どんな言葉シャワーを浴びるかで 人格がどんどん変わっていきます

一番影響力の高い シャワーが 上司の言葉シャワーなのです





雑談で 愚痴や文句がくるのが 悪い上司です

雑談を利用して 部下を育てようとするのが いい上司です






想像してみてください

どの上司につくかで 愚痴・文句シャワーを 毎日浴びるのか

成長させようシャワーを 毎日浴びるのか

これって 人生がまるで変わってきますよ!



人は 愚痴ばかりを聞かされたら 家に帰っても愚痴ばかり言うようになります

  家族も溜まったものじゃありません 

  子供は こんな大人にはなりたくない! と思います



逆に 面白い話や為になった話は 誰かにしゃべりたくなります

  帰ってからの団らんも楽しくなるでしょう

  子供も知らず知らずのうちに 大人って楽しそう と思います



会社員になった以上 上司の言葉は 基本的に 聞かなくてはなりません

  その言葉のシャワーの 蛇口をきることはできないのです

もし だめな上司の言葉が 降りかかってきたらどうすればいいでしょう?

 
それは 別の 言葉のシャワーを 自分で作ってしまうことです■









なぜ本を読まないといけないのか? あなたの頭はブラックボックスだから

聞を開くと 

  若者の活字離れが深刻 とか

  本を読まなくなった日本人~スマートフォンの影響か~ とか が載っており



書店に行くと

  ◯◯式 速読術 とか

  読んだ本の内容を覚えておく方法 とか タイトルが目が結構あります




「本・読書」 に関するネタは 新聞にも 書店にも ネットニュースにもあふれていて

一体どれがいいのやらわからない状態です

それでもこの話題が尽きないのは

本を読むことはいいことなんだけど なかなかできないのよね~ といった 

日本人らしい 読書=善 という信仰心に似た感情が土台にあるからでしょう




読書
Yahoo! 画像検索「読書」






これまでにいろいろな 読書本 を読んできましたが

  読書とは ずばり

     新しい知識を得ること

          … ではないですよ!





もちろん 知識を得るという側面はあります

ただ それが一番の目的ではありません

人間はコンピューターに 情報量 記憶量では到底かないませんし

  それは今後も 一生 離されていくばかりです

  こんな時代に知識 目的一番で読んでいては勿体無いです






ではなく 読書とは ずばり

    未知の可能性をもった脳みそ に 材料をぶち込んでいくこと

          であるべきだと思っています




あなたの頭は ブラックボックスです

いろいろな材料を ほ~り込めば 見たこともないものが出てきます





文学を読めば

  今までに無かった 深い独り言を言うようになります

歴史書を読めば

  今までよりおじいさんの背中が 少し大きく見えます

ビジネス書を読めば

  今までなんとも思わなかった同僚の仕事の効率の悪さが 目についちゃったりします





本を読めば

  内容を 誰かに話したくなります




どれもこれもが 今までになかった 見たこともないもの です

「誰かに話したくなる気持ち」 でさえ 

それは あなたの頭脳という ブラックボックスが創りだしたものなのです



これらが たくさんある毎日と

  明日が大体予想できる毎日と 

  どちらがいいか 聞くだけでも野暮ってものですよね■  では又






あなたを 読書へ誘う 4冊

読書力 (岩波新書)
読書力 (岩波新書)
posted with amazlet at 16.02.29
齋藤 孝
岩波書店
売り上げランキング: 3,672

王道過ぎてごめんなさい でもやっぱりいいのです
多読文化万歳!


思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古
筑摩書房
売り上げランキング: 132

この一冊で私の大学生活が変わりました
この春 大学へ進学する親戚にプレゼントしたい一冊

本の虫―その生態と病理 絶滅から守るために
スティーヴン ヤング
アートン
売り上げランキング: 500,297

アマゾンで在庫切れだと!
こんな切り口で本をテーマにした本はありません
あなたには なに虫が見えました?


そんなもん 読めるわけ無いやん!
そう思った方に 一番勧めたいのがこの本です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。