2013年05月

【Dear.ギルドマスター様】 「もしドラ」とギルドマスター

―みなみは「マネジメント」と出会った



510hcG0vyZL__SS400_.jpg





Dear. ギルドマスター様



  貴方、もしくは貴女は、数年前に流行った


  「もしドラ」を読んだことがありますか?


  正確には「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの


  『マネジメント』を読んだら」で、著者は岩崎夏海さんという方です。





  ドラッカー経営論もブームとなり、アニメ化もされ


  実写映画化もされたので、きっとご存知でしょう^^





 ☆     ☆     ☆     ☆





  では、著者が「マネジメント」と出会ったきっかけもご存知ですか?

  
  それが、当時、著者がやっていたオンラインゲームだったのです。

 
   




  著者は当時、某オンラインゲームのギルドマスターをしていました。


  メンバーをうまくまとめられない悩みを、他のマスターに相談したところ


  進められたのが「マネジメント」だったそうです。


    (参考:朝のラジオ番組 クロノスの本人談)






  

  


  当時、ギルドマスターだった私がこの本に飛びついたのは


  言うまでもありません。  


  オンラインゲームでの経験が、リアルの生活でのプラスになっている!


  同じ悩みを抱えていた私にとって 勇気付けられ


  通勤中の車の中で、思わず声をあげたのを覚えています^^








  
  「もしドラ」のあとがきには、こうあります。





  今から四年前の二〇〇五年のこと、


  偶然知ったその本に興味を持ち、買い求めて読んだのだ。






  そこにはオンラインゲームの「オ」の字も出てきていません。


  そのことを書くに値しないとされたのか、


  それとも意図的に隠されたのか、ほかに理由があるのか


  真意はわかりません。  


  

  
  でも、これではいけない


  

  オンラインゲームは「人 対 人」で成り立っている以上


  リアルにプラスに きっとなります。


  そうすれば、オンラインゲームが趣味であることを


  堂々と言える様に きっとなります。






  人 について悩み、組織 について悩む


  ギルドマスターから その先陣を切りましょう■









ギルチャの文字色 何色にしてますっ!?^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【Dear ギルドマスター様】マスターは不遇である

ギルドマスターは不遇である。

 
 自由なゲームの世界で数少ない「責任」を負う立場であるからだ。



ギルドマスターは報われない。


 やりたいことがあったとしても、ギルドのことを常に考えていないといけない。


 メンバーの悩みに耳を傾ける日もある。


 メンバーの不祥事はマスターが叩かれる。


 晒しの対象になるのもマスター。


 ギルドが過疎れば、メンバーから「マスターはどこに行った」とささやかれる。






   ☆     ☆     ☆     ☆






Dear. ギルドマスター様


  私はこれまで、いくつかのギルドに参加してきました。

  
  しかし、そのほとんどでマスターは不在、月に2,3度顔を出す程度でした。


  時に私は、ギルドの過疎化をマスターが不在のせいだと 罵っていました。


  しかし、そんな不穏な空気のなかで


  ギルドマスター自身が楽しめる余地があるのか


  なぜ、多くのギルドマスターたちが「顔見せプレイヤー」となっていくのか


  少しずつ考えるようになってきました。


  制圧ができないなら 制圧将軍に聞けばいい


  対決ができないなら 対決将軍に、乱戦ができないなら 乱戦将軍に聞けばいい。


  でも、ギルド運営ができなくても 聞ける相手はいません。


  それこそ 本当の不遇であります。


  どこかに場所をつくらなくてはなりません。


  ギルドマスターたちが元気でなければ、


  オンラインゲームに活気は戻ってきません。


  対決将軍たちがそうしているように、


  ギルドマスターたちもマスターの魅力を発信しなければなりません。


  このページが、そのための微力になることをお祈りしております。







◆がんばれ!マスター 熱烈応援中!◆span>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村