初めての方はこちら

結婚式の日に母が私に言った言葉 「必要なことを教えてあげられなくてごめんね」

必要なことを教えてあげられなくてごめんね





婚式で 親子で交わす会話というものは

特別な思い出になっているという方が たくさんおられることでしょう


普段は恥ずかしくても 両親に面と向かって

感謝の言葉を言えるというものも 結婚式には独特の雰囲気があるからなのかもしれません


私も同じで きちんとお礼を言えたのは 結婚式が 初めてだったように思います


しかし 母から返ってきた言葉は 私にとって 予想もしていなかった言葉でした


「これまで 必要なことを教えてあげられなくてごめんね」




小学校のころは 習い事のひとつもしないで 友達と遊びたおしていた 

塾に行きたいといえば 行かせてくれ 何一つ身につけることもなかった 

浪人時代も 私のしょうもない話を 毎晩の食卓で笑ってくれた



そんな 私を育てる半生のなかで この言葉の思いが

ず~~と 母の胸に刺さっていたのかと思うと 流石に私もたまらない気持ちになりました



□   ■   □   ■



子供を育てている方にとって 

 「子供に人生にとって 大切なことを伝えることができない」

  という悩みは 誰にでもあることでしょう



しかし あっという間に社会が変化する現代で

 自分の経験が 子供の人生にとって大切なことにもなることは

 ほとんど無いかもしれません



お父さんと同じように努力していれば 絶対幸せになれるよ!


  30年前と今とでは 努力の仕方がまるで違います

  30年前と今とでは 幸せの意味もぜんぜん違います




子供に大切なことを伝えたいのであれば

 自分の経験をもとに 「今」について考え 勉強するしかありません


何を勉強したらいいのか どのように勉強したらいいのか

 このブログでなにかヒントを提供出来たらいいな と思っています★



スポンサーサイト

会社員 最大のリスクは 上司を選べないこと

社員として

  どんな仕事をするか は

   もちろん大切なことですが それと同じくらい大切なことは

  どの上司と一緒に仕事をしていくか

    ということです


上司
Yahoo! 画像検索「上司




毎日の言葉シャワーが いまのあなたをつくる



あの上司が好き あの上司は嫌い

 あの人の下についてみたい 

 あの人と仕事することだけは勘弁してくれ




上司について 私達がまず最初に思うことは

  好き・嫌い といった感情的な思いからでしょう

また 出世が早まるかどうか

  その上司の社内の立場を思うこともあるでしょう



しかし それ以上に心配しないといけないことは

どの上司につくかによって あなた自身が変わってしまう危険性です

一緒に仕事をすることになれば 否応なしに その上司の言葉を聞くことになります

 その言葉には 連絡や 仕事の指示などもあれば

  たわいない雑談や おしゃべりもあります



連絡や指示は 誰が言っても あまり変わりません

問題は 雑談や おしゃべりのほうなのです




私たちは 言葉シャワーの様に浴びながら 生きています

どんな言葉シャワーを浴びるかで 人格がどんどん変わっていきます

一番影響力の高い シャワーが 上司の言葉シャワーなのです





雑談で 愚痴や文句がくるのが 悪い上司です

雑談を利用して 部下を育てようとするのが いい上司です






想像してみてください

どの上司につくかで 愚痴・文句シャワーを 毎日浴びるのか

成長させようシャワーを 毎日浴びるのか

これって 人生がまるで変わってきますよ!



人は 愚痴ばかりを聞かされたら 家に帰っても愚痴ばかり言うようになります

  家族も溜まったものじゃありません 

  子供は こんな大人にはなりたくない! と思います



逆に 面白い話や為になった話は 誰かにしゃべりたくなります

  帰ってからの団らんも楽しくなるでしょう

  子供も知らず知らずのうちに 大人って楽しそう と思います



会社員になった以上 上司の言葉は 基本的に 聞かなくてはなりません

  その言葉のシャワーの 蛇口をきることはできないのです

もし だめな上司の言葉が 降りかかってきたらどうすればいいでしょう?

 
それは 別の 言葉のシャワーを 自分で作ってしまうことです■









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。