簿記の世界

突然の社命 簿記3級取得義務化 取れなければ…





日 会社でメールを確認していると

経理部長からメールが入っていました


「今回の重役会議で 全社員の簿記3級取得が義務化されました

 試験日は 来年の2月28日です

 テキストは2,3日の間に各部署に配布します」


会社での決定ごとなんて 大概が ある日突然に ですよね

私の親父も かつて

いつものように朝出勤すると

統合して 社名が変わっていたりしました(笑)



そして メールには締めくくりの一言が


「なお テキスト費用と 試験費用は合格者のみ会社負担です

 不合格者は 次月の給与から天引いたします」



◇   ◆   ◇   ◆   ◇


でました! きちんとあるんですよ 罠が

しかし こういう 減点方式 いや 減額方式 でやるのはいかがなものでしょう

マイナスを防ぐために頑張るなんて テンションが上がらないと思いませんか

せめて 300円でも 基本給を上げて欲しかったものです




ともあれ! 

始まってしまったものはしょうがない

この やらされ を どうやって やる に近づけて変えていく かが重要です

未取得社員約30名 残り2ヶ月とちょっと

横並びのレースが スタートしたようです




うちの経理部のチョイス どうですか??
 

スッキリわかる 日商簿記3級 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)


スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2015年度 (スッキリわかるシリーズ)



スポンサーサイト

【簿記の世界】やらされ簿記から やる簿記へ

て これから 簿記の勉強を始めていくわけですが

最初にいくつか 知っておかなくてはならないことがあります




それは 

1つ目は
 簿記ってなに? 説明できる? しかも一言で

2つ目は
 資格のメリットは? 合格したら自分はどう変わるの?

3つ目は
 具体的になにを習うの? どういう順番で勉強していくの?

4つ目は
 試験の内容は? 倒すべき敵をイメージできてる?





そんなことやってないで 早く始めようよ! 

 と言われそうですが

これらは ガス欠せずに やらされ感を払拭して

  自分のためにやろっ!
 って思えるために絶対に必要なことです



思えば 高校受験 大学受験だって 同じです

  大学ってなによ? 何を勉強できるの?

  大学いって 自分はどんな自分に変わるかな? 変わりたいかな?
 
  受験科目はなに?
 
  最終的にどんな問題が解けたら合格できるの?





過去問のイメージを持ちながら 日々の受験勉強をして

挫けそうになったら 大学生になった自分をイメージしてテンションをあげて

なんで大学に行くの? って質問に ズバッ!と一言で答えられる




こんな受験生活が送れれば まぁ 第一志望 堅いですよね?

(もちろん 私は高校時代 まったく無理で ひねくれ者でした

  そのために大学受験はとても苦労しました 

  この辺りの話はまたいずれ^^)





これは どんな試験でも同じです

いっちばん 土台となるこれらの考えがしっかりできている限り

 ぶれず 腐らず 楽しく やっていけます!


とりあえず 明日は仕事が朝はやいのでこの辺りで

 1つ目から4つ目まで ずばっと行きます!■



★★ テキストにはこれを使ってます ★★


スッキリわかる 日商簿記3級 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)


スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2015年度 (スッキリわかるシリーズ)

 

【簿記の世界】 簿記って大事なの?

んなことでも 勉強を始める前には

  これからやることが 何なのか 説明できるようにしておくといいです

  これから自分が何をやるのか はっきりさせましょう



これは 一番最初に他人から聞かれることでもあります

  太郎 「最近 俺 簿記の勉強はじめたんだよ」

  花子 「ふ~ん で 簿記ってなに?」

  太郎 「簿記っていうのは 、、 お金の管理をするために~ 
       資産とか 負債とかさっ なんていうのかなぁ
       ほらっ 会社の家計簿 的な?」

  花子 (…この人 ほんとにわかってんの??)




このようにならないためにも 簿記ってなんなのか 調べてみましょう

まずは wikipedia で 簿記を検索してみると こんな感じです



簿記(ぼき、英語: bookkeeping)とは、
ある経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、
併せて一定期間内の収益及び費用を記録することである。




…簿記の知識がないと これは分かりません

  つづいて wikipedia の二文目では



より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」が簿記である


ふむふむ こちらはなんとなくイメージできます

  「会社のなかでの」 とつけると いいでしょうか



■   □   ■   □


テキストを読んでいくと もっとシンプルに書いてあります


簿記 とは 帳簿に記録するルール のことです

  帳簿の 簿 と 記録の 記 をとって 簿記です!



それでは 帳簿ってなんでしょう??


帳簿 とは 会社の財産の増減を 記録したノート です


  会社は毎日 買ったり 売ったり 

    お金を借りたり 貸したり 

    返品があったり 値引きをしたり

    ドン臭い社員が 売上金を無くしたり

      いろんなことがある中でも 会社の財産の状況を
      把握しておかなくてはなりません

      なので 帳簿はとても大切なモノなのです
      というよりも 基本中の基本です




もし 帳簿がなかったら


  儲かっているかどうかわからない

    だから 社員(わたしたち)の給料は上げられない!
     いや そもそも 給料をいくらが妥当か決められない!

  借金がいくらあるかわからない

    だから 怖くて ますます社員の給料は上げられない!
     いや そもそも 帳簿もつけてない会社に金を貸す人はいない!

  未来も まったくわからない

    だから そもそも 社員なんて雇えない!



そんな 大切な帳簿を 支えているのが 簿記の知識なのです

  これで簿記の重要性を感じてもらえましたか?


Next→ 簿記の資格をもつメリット



★ ★ テキストはこれを使っていきます ★ ★



スッキリわかる 日商簿記3級 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)


スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2015年度 (スッキリわかるシリーズ)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。