★大人のオンラインゲームの楽しみ方

【無双の展望書 4】 俺、病気だったんだ(片頭痛編2)

本来 出会うはずもなかった人に出会い

  
  伝えるはずもないことを伝えること





           





【無双の展望書 4】 俺、病気だったんだ(片頭痛編その2)



偏頭痛




つ 前兆が出るのか 


  常に恐れながらの生活は続き


  楽しみにしていたイベントは しばしば片頭痛に足を引かれ




それでも 自宅で発症すれば そのまま休めばいいのですが


  病気は 時間も場所も 選ぶことはありません




  遠隔地で  野外で  受験会場で  、、、





  ただただ 耐えるだけの時間を 過ごしていくとこになりました 







   ★     ★     ★







時が流れ 大学生時分になると


  片頭痛の症状に次第に慣れ、


  より私に合う 薬剤も見つかり


  依然、痛みは激しいものの ある種の絶望感は薄れていきました。






それ以上に 片頭痛のない日の すがすがしさ 


  私よりはるかに重篤な持病を持っている人の気持ち


  考えることができるようになっていたように思います。






大学院時代に 始めた この 無双オンライン。


  2年くらいたった時だと思いますが


  何気ない話から ふと 頭痛の話になりました。


  相手は 蜀の某ギルド所属の Kさん
     (以下 正確なところまでは覚えていませんが><)





私「く~~ 演習大会上がりはやっぱり ビールやなぁ!>o<」


k「俺は 黒霧島でww」


私「頭痛持ちやで あんまり飲むなって 医者に言われてんねんけどなw」


k「頭痛持ちなん?  俺もたまに頭痛くなるよー^^ww」








kさんは チャットの語尾に ww をつけるのが癖でした








私「そんなこといってっ 結構 痛いやろ~?」


k「痛いけど 我慢するしかないよねww


  大概の事は 我慢すればなんとかなるww


  俺 我慢しながら バスケやってたこともあるしww」
















私「、、、それってもしかして


  痛くなる前に 目がチカチカ せえへん?」


  
k「えっ? うん」







私「!  、、それで そのチカチカが だんだん大きくなるやろ?」




k「うん なるよ」

 





私「それが 消えてから 頭いたぁ なるんとちがう?」



k「うん」








私「kさん それは片頭痛といって 普通の頭痛とはまったく別物なんや」



k「え?」







私「kさん それほんまに我慢できたん? むっちゃ痛かったんとちがうん?」


k「うん まぁ」


 「ちょっと きついね」






私「kさん 片頭痛は脳の血管が過敏になって起こる


  私たちは 普通の人より血管の構造に異常があるんやで!><」



k「、、、、」









私「でも 今はいい薬がたくさん出てる もう我慢しなくてええんやで!><」










k「そっか 俺は病気だったのか」









      

       ★





その後 気持ちがすごく楽になった みたいなことを言ってもらったように思います。


  しかし、kさんとは ほとんどこのやり取りが最後の会話になってしまったので


    本当に病院にかかったのか  今では症状は治まったのか

  知ることはできません。





 
  それでも kさんとの出会いで 


  kさんにとって 私が 初めての理解者になれたことが


  なんだか これまで自分なりに苦しんだことが


  報われたような心地になったことは よく覚えています。










オンラインの世界に ゲームで楽しむ以上の何かがある 


  と 思い始めた出来事でした■


  





車が無事に治ったけど 左後方のドアだけ新しくて色が微妙に違うw
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

映画【AVATAR】の暗示② ~10年後に残るものは~



近い将来に 確実なこと



  ツイッター、スカイプ、フェイスブック などソーシャルネットワークの進歩は

   
    誰にも止められないこと


  仕事の雇用形態がますます多様化し、人材がますます流動的になることは


    誰にも止められないこと


  出会いや絆をつくりづらくなり ソーシャルネットワークが主要な交流舞台になることを


    誰もが受け入れてしまうこと













映画【AVATER】の暗示② ~10年後に残るものは~


090821_avatar_main.jpg










ンラインゲームをしていて ふと思うことがあります。


  あっ 私の場合は オンラインゲームといっても 三国無双onlineしかやったことがないので


  「三国無双onlineをしていて ふと思うことがあります」


  が正しいですねっw









それは ずっと思わないようにしてきたこと でもあり



  思っても仕方のないことやと 思い込んでたことでもあります。












無双オンラインを続けて 10年後 いったいなにが残るだろうか?







  
  サービスが終了することは 遠い将来だとしても


  いつかは必ず訪れ


    積み重ねてきた義が消え


      懸命に育ててきた武器が消え


        自分の分身ともいえるアバターが消える








  動画サイト zoome の綺羅星のような 無双動画がもう二度と見れないのと


  同じように そんな時は いずれ必ず来てしまいます。










唯一残せる可能性があるものがあるとしたら、、、  








   それは 縁 かもしれません










人生でなにかプラスのものを残そうと願うなら






   この 縁 を 絆 に変えることしか ないかもしれません













インターネットを介して 人とのコミュニケーションがどんなに手軽に行えるとしても



  その分だけ 人生が豊かになったかといわれると 、、、 いまいち自信がない











ただ 私は 後悔だけはしたくない


  「ああぁ あの時 無双オンラインする代わりに


    人生に役立つ資格の勉強でもしておけばよかった~><」



  などと ギルドメンバーにも思われたくない












画面の向こうには 人がいる オンラインゲームは


  必ず人生のプラスにしなければならない



  まだ 何をしたらいいのか わかりませんが


  再び ギルドマスターに挑戦するときの 目標になりそうです










第三回 オフ会も鋭意企画中~★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




対人型オンラインゲームの 本当の勝利とは? 本当の敗北とは?

・三國無双online を プレイしていて 時々 こんなことを考えます

  私達プレイヤーにとって 一番の勝利とはなにか?

  また 一番避けなければならない敗北とはなにか?



060415_220907_0000.jpg


プレイヤー同士が ゲームで対戦する 対人型のオンラインゲームでは

  日夜 プレイヤー達が 時にシノギを削り合い

  時に お気楽に ゲームでの対決を楽しんでいます



そして ついつい熱くなり 目先の勝利や敗北に

  心を奪われてしまいがちです。

  弱い味方を攻めてしまったり、一番の成績を取った自分に驕ってしまったり。

  こころないチャットに 気を悪くしてしまうこともあるでしょう。




しかし 私達ゲームのユーザーにとっての 本当の敗北とは

  
  プレイヤーの人数が激減し ゲームのサービスが終了してしまうこと


    だと思っています



ゲームに負けて 興奮したり 怒ったりできるのも

  同じゲームをやるユーザーがいてこそ。

  よく古参プレイヤー達が 「最近 つまらなくなった」 などと不満を漏らしますが

  それを見た 新規プレイヤーは きっとがっかりしてしまうでしょう



あなたのその一言は 大切なユーザーや 仲間を減らしていませんか??





反対に 本当の勝利とは

 
  プレイヤー数が増えて アップデートのボリュームが増える

    いろいろな人と ゲームで交流する機会が増える

      派生ゲームや 続編が投下される



ゲームの世界がどんどん盛り上がる そんなサイクルを作ることだと思います

  そのためにできることは何か?

  
  さて ここで 皆さん課金しましょう! ではなく(笑

  小さな心遣いが大事になるでしょう





  不平、不満ばかり言わない → フレと一緒に代案を考えてみては?

  相手のチャットに丁寧に応える → 盛り上がりは 最初 日常の会話から

  たまには 新規プレイヤーを誘ってみる


  ゲームに勝ったら味方のお陰、負けたら自分を反省 (社会人向け)

  演習の誘いをかける ただの対決演習でもメンバーは嬉しい! (ギルド幹部向け)

  他プレイヤーに役に立つ/shout や 小さなイベントを企画してみる 







私の好きな 宴会コンサルタントをされている 篠原あかねさんが

  「黄金の接待」 の中で 言っている言葉を紹介します



相手を笑わることは出来なくても

  楽しませよう という気持ちは相手に伝わる 
 



仕事にも そして オンラインゲーム内での交流にも役に立ちますよ!








真・三國無双online の 大型アップデート や 続編 なんていいですねっ!

  戦国無双online ? 無双OROCHI online ? 

    熱烈希望します!



★オンラインゲームでリアルをプラスに★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中 あなたの清き一票を!