★無双の履歴書

無双の履歴書 第一期

無双の履歴書



辺で様々な変化があり、ようやく整理がついたのが最近。

  また新たにこのわずかなスペースから発信していきたいと思っています。



先日、三国無双online 3周年イベントが行われていましたね

  振り返ると私自身も旧リョフ軍からのスタートなので
  
  約2年半 この無双音の世界に在籍していたことになります。



私なりの紆余曲折を経て、現在にいたり、

  また気持ちを新たに蜀ギルド「撃破研究会」

  マスターとして頑張っていきたい と思う一方

  メンバーにとっては、マスターが代わるってことは なかなか大きいこと

  簡単に はい そうですか とはいきません



なので、彼ら仲間達へのメッセージになればとも 思っています





無双の履歴書 

第一期 オフからオンへ 初めてのオンラインゲーム



が、真・三国無双オンラインの存在を知ったのは 

  2008年の7月前後。 PS2でも持っているソフトの8割が
 
  無双シリーズという 無双小僧には避けては通れない響きでした。

  なにより、3年付き合った彼女との遠距離恋愛の淋しさもありました




しかし、オンラインゲームが初めてということもあり

  まずアカウントの設定、プレイ環境の適応判定、ダウンロード

  一苦労w 何とかたどり着けたのも、ある意味、無双愛なのでしょうw  

    (丸2日はかかったように覚えています



次に時間がかかるのが

  キャラクターメイク


  この決定で一生が決まる!? のように思っていた私にとって

  またここで丸1日を費やします。



そして 最初に誕生させたのが、、



  Tenjin.渤海



    男型
    スキンヘッド
    (その他設定はかっちゃんと同じ)


使っていた武器は 長根

  (オン オリジナル武器だったから

やっていたことは アイテム取らないアイテム戦
  
  (アイテムの存在なぞ知りません 勿論!


オリジナルの武器を使って オリジナルの戦場を駆ける

  当時の私にとって 無双音は オフ無双の延長にしか過ぎませんでした■







兵長拠点は 兵長を一人ずつ丁寧に! 
みんなここから始まるんです^^

にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

無双の履歴書 第二期~3ヶ月の完全ソロ~

無双の履歴書 第二期



完全ソロ
  
  アイテムや特務などのソロプレイだけでなく、
 
  誰ともチャットをしない(出来ない)状態




無双の履歴書 第二期

開始3ヶ月の完全ソロ時代



ンラインゲームという世界に飛び込んだものの

  常に一人で行動する時間ばかりが過ぎていきます。

  何とかきっかけを探して、誰かと話がしたい

  いろんなことを聞きたい

  できれば フレンドになれれば、、

  


当時の私にとって

  その「きっかけ」を作るのが 本当に大変だったように思います。

  

  激突に入り 挨拶をした後

  話しかけようと チャットウインドウに書き込んで

  enter を押すまでに戦闘が始まってしまう、、



  戦闘が終わり お礼を言った後

  さぁ こんどこそっ と話そうとしても

  みんなすぐに出て行ってしまう、、



そんな私が町でいきなり話しかけることなど

  出来るはずもなく

  よく武官のまえで部屋を選んでいる振りをして(笑

  周りの人のチャットを羨ましく聞いていました。



性格が内気ということでなく

  不慣れな世界での振舞い方に戸惑っていたのだと

  今では思えます。




とにかく、周りばかり見ていたんですね

  こんな服もあるのかっ

  こんな声もあるのかっ

  こんな感じでキャラクターをつくればしっくり来るかもっ




どうしても この世界に一人で漂っていると

  アバターへの愛着が出てこない

  今もよく思うことですが、

  他のPCとのつながりの中で そのアバターのアイデンティティが決まってくる




なので それからは

  キャラクターを気分で何度も作り変え

  国を転々として 

  その変化を楽しみと していくようになります



アバターは

Tenjin から 農業行政官、(この間2,3人)、keiko

国は 

リョフから、魏、袁、呉、蜀




激突は 「制圧」に時々行き 適当に拠点を落とす

    「対決」は2,3度行きましたが わずかな鍛錬の武器しかなく 

       あっという間に終わる

    「撃破」はその存在すら知らない

仲介のシステムもよくわからず、かといって骨董で課金する気もしない

  争奪にも参加したものの はっ? という間に終わり

  「衛士は来ないでください」といわれ


特務は 時間内で拠点を沢山落とせばええんちゃう? と考え

  ランクはAまでだとずっと思い込んでいました。




マントに憧れ、

 将軍に憧れ、


  フレのいる状態に憧れる


どうすればいいのかと思うほど

  どこへいけばいいのかわからない



そんな状態が3ヶ月続きました■





思えば新規狩りが多い中よくやってたなぁ^^
街を走る「靴の音」が当時から好きでしたw


にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村
  

無双の履歴書 第三期 部屋の名は撃破研究会

無双の履歴書 第三期


どんな世界でも

  自分の居場所がほしいもの

  皆さんは 無双オンラインにどんな居場所を見つけましたか?





無双の履歴書 第三期

部屋の名は撃破研究会




人での無双音の世界が3ヶ月を過ぎるころ

  対決でも、制圧でも、うだつがあがらない私は

  下手だと話しかけても相手にされないのか><

  という、経験則をつくっていくようになります。



ただ、今から思うと

  ここで止めなかったのは

  「もしかしたら 同じような人が沢山いるかもしれない」

  と、思っていたことかもしれません。



では、もしいるとしたら

  どうやって彼らにコミットしていけるのか?

  その「きっかけ」を 激突種「撃破戦」に感じ始めます。



対決は 相手も強いし、いつも状況が違う><

でも 撃破は 相手はいつも兵士、状況もあまり変わらない






もしかしたら 私でも出来るかもしれない






その日から 大学院生だった当時の私の 

  もう1つの研究テーマが 「撃破戦の攻略」になりました



どうすれば撃破効率があがるか?

 4人はどのように配置するべきか?

  強化は? 副将は? アイテムは?



そして、、

  それらをどのようにすれば うまく伝えられるのか?




それからの

 約1ヶ月間

  一人もしくは 撃破部屋に入っては

  気づいたことをルーズリーフに書き留める日々になりました


やってることはソロプレイ

  でも、今までとは全く違う世界が広がり始めました



ばらばらに書き留めたメモを集めて書き直し

  初めてのフレができたものこのとき^^

  Tさんに背中を押されるように

  私自身で 撃破部屋を立てられるようになります





1ヶ月間の 撃破ノートを片手に


  部屋名は


    撃破研究会




その後 2年間

  現在に至るまでの仲間と

  ここで出会うことになります■






撃破研究会という名前は
大学部時代に主宰していた科学系サークル「生態学研究会」
にちなんで付けました^^

にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村




無双の履歴書 第四期 撃破は誰でも必ず上手くなる

無双の履歴書 第四期 撃破は誰でも必ず上手くなる




〇〇.〇〇が参戦しました

〇〇.〇〇 よろしく

keiko.渤海 ようこそ! 撃破研究会へ

keiko.渤海 ここでは撃破のちょっとしたコツを紹介しています^^

keiko.渤海 気軽に聞き流してくださいね~^^

〇〇.〇〇 ??






無双の履歴書 第四期

撃破は誰でも必ず上手くなる



例外は無い!



漢発 撃破部屋 部屋名「撃破研究会」は

  いつもこんな感じでスタートします


どうすれば 多くの人が聞き耳を立ててくれるか?

  いろいろ試して私なりに考えた方法です




勿論 最初はどうしていいのか 手探り状態で

  切りよく説明できなかったり、

  なんとなく 言い出すきっかけを逃したり

  「はやくいきませんか?」とか

    「GMさんですか?」とかよく言われていましたw




ある程度軌道に乗ると


1.最初に部屋の趣旨を簡単に説明 

    文頭の感じです^^


2.ポイントを1つ 一言で紹介

    たとえば 「対決は4人集まりますが、

       撃破は4人ばらばらで戦うと効果的です!」となります


3.ポイントの後、簡単に根拠、理由を紹介

    つづけて 「これは、兵士の倒す場所が重なると
 
       全体の撃破数の合計が下がってしまうからです」となります


4.断言的な言い方はしない

    あくまで私が個人で考えたコツ なので

    効果的ではあるかもしれませんが

     絶対的ではありません






開始して4,5日程度は

  来てくれる人も ?? な雰囲気がつづきますが

  


不思議と、、




一人




また一人と





何度も顔を出してくれる人達が 

  現れてくれます





私から一方方向だった チャットも、、



「こんなときはどうすればいいの?」



「この武器でも大丈夫?」



などと 返ってくるようになります






それが、、





  嬉しいのなんの





はっきり言って 質問内容はわからないことが多かったです

  

  でも 今度来た時にでも と いろいろ調べていくうちに


  私の撃破ノートが どんどん埋まっていくようになります






先生、センセ、師匠、、、




つい先月まで まともに 他人とチャットできなかった私に


  言ってくれた仲間からの言葉 は 


  いまでも 無双オンラインを続ける理由になっています








撃破部屋 部屋名   撃破研究会



必ず 一番最初に紹介するポイントを決めています^^






撃破は 誰でも 必ず 上手くなる








Anybody can get the skill for Gekiha-Battle in this world.
例外はありません^^

 にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村
 

無双の履歴書 第五期 対決の壁 精鋭の壁 仲間との壁

無双の履歴書 第五期




-----撃破は誰でも必ず上手くなる

  部屋名「撃破研究会」に集まってくれた仲間3人と

  ギルド「撃破研究会」を結成し

  私にとってさらに 無双オンラインの世界が深くなっていきます

  この世界での 家族 に似た ギルド を

  主催することに さらなる期待を胸に抱きます。


  
  しかし、その期待も徐々に暗雲が立ちこめる様相を呈していきます




  第五期は ギルド結成から keiko.渤海 アカウント削除までを綴ります







無双の履歴書 第五期

対決の壁 精鋭の壁 仲間との壁




分のメインを keiko.渤海 に定めてから

  双錘 を主武器として使っています。

  もちろん 撃破戦 なかでもです



撃破研究会に集まってくれた仲間達は

  様々な武器をもって 撃破戦に挑みます


  直槍

  双錘

  夏圏

  双剣

  鈎鎌刀
 などなど




お読みの方で 撃破戦になれている方であれば

  撃破戦は エンゲツから というイメージがあるかもしれません



当時の私は そのようなことは知りませんでしたし

  武器を限定するような 教え方は避けていました。



「撃破は誰でも必ず上手くなる」



「4人バラバラで 各自の狩場を確保しよう」



「強すぎる副将はオフにする」



「狭い戦場では 兵士拠点を使う」




日々、目に見えて撃破数をあげていく仲間達の姿に

  とても充実したものを覚えていました。



そしてなにより、、、

  自分は撃破だけは 絶対に負けない自信

  当時の私を支えていたのです。





しかし、いつまでもこの状況が続くわけではありません。

  ひとり、またひとり と私の撃破数を抜いていきます。



  何かを教える立場の人間は

    教えた人間が自分を越えるときのために

      力を注ぐ



そう信じてきたはずですが

  当時の私のなかには 焦りや 嫉妬 が先行していることに

  私自身が動揺していました。



さらに 対決戦への嫌悪感にも似たコンプレックスも

  あり、対決へ目覚めていく仲間達に

  消失感をも 感じるようになっていきます








撃破で教えることが無くなり







対決ではどうすればよいのかわからず







前将軍にあがったものの 

  エンゲツレインボー撃破法の前に

  私の撃破理論は 崩れていきました。






残されたものは





アイテム と 特務






ギルドを省みることが次第に出来なくなり



ついに仲間の一人に


  「このギルドはもう終わっていると思う


       と告げられてしまいます
  




数日後

  手元にある 回数を振り切った双錘の何本か

     半端につかっただけの何種類かも武器を眺めながら


  引退を 告げる 書簡を


   撃破研究会 と名のつくもので 出会った人に書き始めることになります




緯書を付け

  仲間の義の一部になれればと

  当時は 願っていました。。。■









にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村




    

無双の履歴書 第六期 鳩三郎の対決日記

無双の履歴書 第六期 



夢のような日々が終わり


  ぽっかりと明いた空白の時間


  大きな消失感のなか 約2ヶ月ほど

  
  無双音からは完全に離れます



第六期は 再アバターの作成と 対決の弱点克服 までを綴ります






無双の履歴書 第六期

鳩三郎の対決日記



退を告げてから 約2ヵ月後


  ふとしたことからインした無双オンラインはやはり忘れることが出来ず


  極力 一人でのんびりやろうと思い始めます。



鳩三郎の対決時代


          鳩三郎.襄陽



一年ぶりにやる 新参からのスタートにも


  とても新鮮さがありました。


  様変わりした 初陣 と

  
  一気に義が200もらえるシステムに驚いたことを


  よく覚えています^^





きっかけは 全く覚えていません。


  トラウマになるほどの 対決の部屋に最初に入ったときのことです。


  


初めての武器を使ったとき



ひさしぶりの激突種に参加したとき



  などなど、極稀に 妙~~に戦績がいいことがあります。



このとき初めて 撤退せずに終わらせることに成功


  そのとき 次のように思えたことでその後の無双を大きく転回させます





「対決は 相手の武器やレベルなど 常に状況が違う」



「武器には有利不利の関係が有り、押し引きも重要になるのでは?」



「実力は 1戦だけでは判断できない」





そのときから

  「対決記録」 をつけ始めます


  ・勝ったら 〇 白星

  ・負けたら ● 黒星

  ・10戦おきに 星を集計

  ・備考に 勝ったり負けたりした理由を書いていく


20101213044323.jpg



10戦単位と考えることで

  一戦一戦の負けを 余り気にせずにできます。

  備考欄に 同じことが何度も出てくることで

  ポイントが徐々にわかってもきます。



  双錘の長所と短所はなにか?


  有利、不利な相手はどんな武器か?


  どう強化していけば最も効率がいいか?


  、、、 さっきは何で やられたのか?




漫然と戦う対決から 徐々に脱却でき

  相手の体力を押し切ることを考え始めてから

  

  真っ黒だった表が

  
   すこしずつ その色を薄くしていきました。





  双錘でも  対決で活躍することが出来る ■  






昔は練兵官が普通に広場にいて
そこだけデフォルト服で固まってましたね^^
武官の集まりに早く参加したいと思ってました

にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!

無双の履歴書 第7期 一方的な発信

無双の履歴書 第7期 一方的な発信



鳩三郎の次に作成した男型のアバターに

  桃園大学.襄陽 がいます。

  蜀の原点でもある「桃園の誓い」から名前を取りました。

  また、大学 としたのは

  撃破だけでなく 無双オンライン全体の攻略を

  体系的に 誰でもわかりやすいように 整理、紹介したい



  そんな思いを込めてつけました。


  
  しかし、思いは空回りしてしまいます



  
無双の履歴書 第7期は 桃園大学のギルド加入から

  そのギルドの解散までを 綴ります。






無双の履歴書 第7期

一方向な発信



無双の履歴書 第7期
       現在の 桃園大学.襄陽
       合同演習会にて ギルドメンバーと




破は誰でも必ず上手くなる、、、、

  keiko.渤海からはじまった撃破戦の攻略

  鳩三郎対決戦攻略につづき

  このときから すべての激突戦がつながりあっている事を

  意識するようになります。





また 天涯孤独にゆっくりやっていこうと思っていた矢先

  私の 対決の腕を買ってくれ ギルドに勧誘してもらいました。

  すこしずつ 人と接しながらの遊び方に慣れていきます。




しかし、対決専門ギルド内で 徐々に慣れていくと同時に

  激突全体を愉しみたい私と 

  対決を愉しみたいメンバーとの

  食い違いが徐々に波紋を広げていきます  





また、それとは別に 私の中にもう1つの思いが強くありました。

  「新規プレーヤーに私と同じ思いをさせたくない


    完全ソロという長く孤独な時間


    苦手な激からくる不必要な劣等感 



  しかし、思いが強いだけに

    潔癖な私のプレイスタイルは

    メンバーとたびたび衝突するようになります





誘ってもらったギルドのマスターに就任するも

  一方的な発信は メンバーとの溝を深くするばかり、、

  

晴れて私のギルドとなった時より

  一人、、、また一人とメンバーは去っていきます



ブログを開設し、ギルド内でもいろいろ趣向を

  凝らしているはずなのに なぜなのか??

  

いつもは 対決に出掛け

  メンバーが集まれば とにかく対決演習会

  前のマスターがやっていたその方法にうんざりしていた私は

  もっと他にも 楽しいものがあるんやで!

  対決以外にも こんなに楽しいものがあるんやで!


  そんな気持ちをメンバーに届けたかった、、、



  

  一方的な私の思いが伝わることは

    ありませんでした。






さらに リアルで決定的なことが起こります


  当時、私が最愛の人と信じていた人との関係が終わり


  深く落ち込む時期が始まります




仕方ないとわかっていても

  どうしても思ってしまうことが


  「無双onに費やす時間は 無駄だったのか?」



  「無双の世界で人との関係を作れず、
 
    リアルでも大切な人との関係が終わり」



  元はその寂しさを埋めるためにはじめた無双
  

  自分はいったい何をやっているのか!?




  激しい消失感の中、

    不毛となってしまった二人のアバターと 

    更新をしなくなってしまったブログだけが

    手元に残ります。



  廃人 と形容するに正しい時期が2週間ほど続き、、

    本当に 無双onlineから引退しようと考えたのも

    このときでした。





  その後、彼らのメッセージを目にするまでは、、、■








にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ


  (深く悩み、傷ついたとき

   過去の自分をせめても何の解決にもならない)

     *当時自分を慰める言葉を果たして

      私はいくつもっていたんやろうか?

      

  
    

無双の履歴書 第8期 人の思いは上書きできない

【B5】無双の履歴書 第8ページ




くも 二つ目のギルドを解散させた後


  次第に私の中で 最初のギルド「撃破研究会」が

 
  大きくなっていきます。





無双の履歴書 第8回は 


  撃破研究会 再入会 から メインID keiko の再設定 までを綴ります







無双の履歴書 第8期

人も思いは上書きできない




最も早く私を抜いた 優秀なPCへ





人は 道に迷うと

  後ろを振り返るといいますが

  やはり 仮想現実の世界でも同じようです。



当時の私(桃園大学.襄陽)は

  特務をこなしながら

  昔のギルドメンバーや フレをよく探していました。




見つけたとしても

  声をかけるでもなく 

  ただ自己紹介文などを眺めているだけ。



撃破研究会に私の知らないメンバーが居たり

  フレが新しいギルドに移っていたり

  いまこんなことしてるのかぁ^^

  つまりは

  自分が懐かしさに浸りたかっただけなのかもしれません



そして 現在ではとても後悔していますが

  他人を装い もとギルドメンバーに接触を試みていきます
  
      (結局 うすうすばれていましたがw









某日

  ギルドHPが有ることを聞きます

  当時のトップ絵には







  「カリスマは去った その思い我らで継がん!」(大意)






  それを見たとき 

    私は戻ってきたんやっ
    
    こんなHPを運営してるなんてすごいやん!^^
  
  とどんなに言いたかったことでしょうっ










某日

  ギルドを一緒に立ち上げたメンバーの自己紹介文に








  「この時季になると 師匠のことを思い出します」(大意)




  「師匠~ 車騎マント代わりにゲットしときました」(大意)

  




  
  私も冬になると 一緒に撃破戦に行ってたこと 思い出すでっ!><

  車騎マント!? 自力獲得かぁ やるなぁ!

  でも私もやっと取れたで!^^
  
  

  どんなに言いたかったことでしょう














その後まもなく

  すべての事情を彼らに説明し

  その約3ヵ月後に 再び 撃破研究会 会員として 入会します




*   *   *





さまざまな 新しい仲間とも出会い

  撃破研究会に入った 2度目の冬に

  改めてマスターになりたい旨を伝えます




私を 桃園大学としてしか知らないメンバーからは

  承諾をもらえましたが


  
  かつての仲間達からは 

  なかなかいい答えが聞かれません



  マスターは信任でもって選ばれるものである以上

  なぜ?と聞くほど 野暮なことは無いでしょう








その後

2,3日 インせずに考えます

  


  なぜ今の私では駄目なのか?

    
      もし、私が彼らの立場にあったとしたら、、、







きっと



  所詮はサブに見えるでしょう





私の中に いつまでも彼らの名前があるように



彼らの中には 「keiko.渤海」が生きており



  生きているからこそ 未だに私の「名」を呼んでくれるのかもしれない







勿論 確認したわけではありませんが

  そう思えた瞬間 3度目の新兵時代が始まりました。■





  Tenjin.渤海   義800程度(消失)

  keiko.渤海   義15000(消失)

  鳩三郎.襄陽   義4000(3rd ID)

  桃園大学.襄陽  義22000(2nd ID)

  keiko.成都   義500程度(メインID)再入会当時







にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!

無双の履歴書 第9期 対人の魅力 対人の怖さ

無双の履歴書 第9期





間は少しさかのぼります


  桃園大学時代にインしていたある日のこと

  
  当時のフレである Rさんから/tellが入ります



  「ある人に謝りたい でも一人では怖い」

  


  無双の履歴書 第9期、10期はテーマを「対人」に移し綴りたいと思います。






無双の履歴書 第9期

対人の魅力 対人の怖さ






             ■ Waltz for Ariah mist様 ■




あるプレーヤーを絶交したいとき 

  他者に対して 不快感を覚えるとき

  どんなときを想像しますか?



不正、 罵詈雑言、 あまりに身勝手な行動、、

  その中のひとつに


    故意の 回線切断


    があげられるでしょう。




味方が不利になった時

  自分の思い通りに行かなくなったとき

  ごく稀に見られることがあります。



そして

  残された味方は 多くの辛酸を舐めることになります




*   *   *   *   *




Rさんの相談はまさにこの点で

  制圧戦途中で 突然 回線が落ちてしまった

  そのとき たまたま 味方が不利だった

  そのとき たまたま 味方から動きの指摘をされた直後だった
、、、


もう手遅れかもしれないけど 

  直接 謝りたい、、

    


  でも どうしても そのときのことを考えると    怖い




それを聞いた私は びっくりしてしまいました。





だって





  そんなこという人





  今までにいませんでしたから^^







しかも

その謝りたい相手は またもや 私のフレ

  私は 二つ返事で 仲介を引き受けました。
  


  
それは

  この話しに嘘はないと 判断したから
 


そして

  気持ちが伝わらないはずが無い! と判断したからです






*  *



フレの Kさんを呼び出し Rさんと引き合わせます。


  弱弱しく、かつ 慎重に言葉を選んでいく Rさん




  Kさんからのチャット返信を待つ間


  何度と無く 私に 


    怖い、、、 どうしよう、、


  といった/tell が飛んできます




でも 一番驚いていたのは Kさんでした



  「はじめて そんなこと言われた!」



  「言ってくれて嬉しい。 回線不調は誰にでもある」







チャットを重ねるごとに

  仲良くなっていく二人を 眺めていた私は

  これから先 いったい「何の為に」

  無双オンを続けていくのか 考えていました。



強くなるためだけでもなく

  希少なアイテムを所有するためだけでもなく

  新しい 何かのために 続けることを考え始めます。





撃破研究会に戻る 少し前の出来事でした■







ギルドイベント「新春厄払★脱残念大祭」開催中!
にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村


応援ありがとうございます!



関連カテゴリ  「★無双の履歴書」

無双の履歴書 第10期 小池さん… 小池さん…

無双の履歴書 第10期





人…オンラインゲームの最大の醍醐味

 

  過去を振り返ったとき

  どうしても忘れられない話しを

  もう1つ 綴ってみたいと思います。




無双の履歴書 第10期は 第9期に引き続き

  対人エピソードをご紹介します









無双の履歴書 第10期

小池さん… 小池さん…





これまでに 何度か書いてきましたが


  私の名前、keiko とは


  作成当時、2年半の同棲の末 遠距離関係になってしまった

  
  恋人の名前をアルファベット置きにしたものです。




恥かしい話しですが


  作成直後は keiko というアバターを通して


  彼女を思い起こしていたように思います。


  今思うと だからこそ 3ヶ月の完全ソロ時代があったのかもしれません。






そして 丁度 一年前の今頃


  その関係が終わってしまいます。





意識の中へ




半年間の「延命期間」の後


  最後は 私から手紙を書き すべてを清算します。





  


  彼女に新しい相手が居るだけに、、




  私にとって信じられる唯一の存在だっただけに、、




  そりゃ~も~、、   大変でしたw








そして 今度こそ




  keiko というアバターで続けるべきかどうか



  考えます






しかし 第8期でも書いたように



  「サブ」として仲間に会いたくはないっ



  それでも、ただの字面のはずなのに



  その名前を見るたび 脳裏によぎり苦しむ





*   *   *   *   *






「ごめんっ!


  そんなこんなでちょっとキツイで


    しばらくインできひんかもしれへん^^;」





ある日、順々に ギルドメンバーに事情を話していたとき

  メンバーの一人が 私ことを



「小池さんっ 小池さんっ^^」



  って呼び出すんです

  釣られて一緒にいたもう一人のメンバーも



「無理しないでね 小池さん^^」




「??? まったく また私がこんな状況やからって 笑わかそうとしてっ^^」



  そんな 軽い感じで ありがとう と伝えます、、、









メンバーが続けます





 「いつでも遊びにきてねw 小池さん^^」




  こいけ さん、、、、



  











   



   、、、、、、koike さん















それは   もう   泣かせてもらいました ;;;





*   *   *   *   *

  
  



う見ると 沢山の仲間に囲まれた このアバターは


  私の中の keiko とは 全く別の存在になっていました。








そして




  全く動揺なく keiko としてインできる 今


  
  寂しさを紛らわせるためではない


  
  仲間のため これからの自分のため


  
  このアバターの新しい必要性を感じています■






  次回は 無双の履歴書 最終項 を更新します







にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!




関連 検索キーワード 「無双の履歴書」「第8期」

無双の履歴書 最終期 keiko @ 桃園大学は真摯さとは何かを考えた

無双の履歴書 最終期(現在)





2010年のベストセラー書籍といえば、、、



  通称「もしドラ」こと


    もし高校野球の女子マネージャーが

      ドラッカーの『マネジメント』を読んだら

                    
                          著 岩崎夏海



  が思い浮かぶ人も少ないないでしょう。





ところで、著者の岩崎さんがこの本を書き始めた 


  きっかけ をご存知でしょうか?





無双の履歴書 最終回では オンラインゲームの

  これからの愉しみ方を 綴りたいと思います。



                  (勿論!個人的に!









無双の履歴書 最終期(現在)

keiko @ 桃園大学は真摯さとは何かを考えた












真・三国無双onlineと同じように

 
  他のオンラインゲームにもギルドシステムがあり


  アンリアルの世界で 家族のような関係を持たせています。






F.F.のオンライン版を ギルドマスターとしてプレイしていた


  岩崎さん には1つの悩みがありました。


  それはギルドマスターとして メンバー達をうまくまとめることが出来ない


  というもの。





ある日 岩崎さんは 同じマスターという立場にいる 友人に相談します。


  すると 友人は答えます。




  「僕は ギルドの運営に行き詰ったとき 一冊の本を読むようにしている。


   君も読んでみるといい」




そのときに紹介された本こそ


  ドラッカーの『マネジメント』だったといいます。





*   *   *   *   *





オンラインゲームの投稿動画やブログの記事を読んでいると


  ときどき 「リア充」 という言葉を拾うことがあります。


  一般的に リア充 とは リアル(現実世界)での生活が充実した人を指し、

  
  オンライン上(仮想現実世界)で他者を揶揄、軽蔑など憂さ晴らしをする必要がない人

  


  という意味で使われることが多いそうです。





」リア充の必須とも扱われる オンラインゲーム


  終わりがなく、多くの時間とお金をかけたプレーヤーが


  どうしても設定上の 勝利 を得やすい構造をもち、


  「ネトゲ廃人」という言葉からも、引きこもりを生み出す


  元凶のように語られることすらあります。













だからこそ 私はこの 無双の履歴書 シリーズで


  そこいらに 書かれていなかった


  オンラインゲームの側面を綴ってみたかったのです









無双オンラインを通じて


  自分と同じ 病気を持った人と出会えた---


  「なぜ自分ばかりこんな目にあうのか!?」

 
  中学時代から10年以上 そんな風に思い、


  苦悶し、さまざまな薬を試してきた経験が


  初めて人の役に立つと感じることが出来た。










無双オンラインを通じて


  リアルでは決して出来ないであろう


  はるかに年上の方と 組織論を語り合うことが出来た。


  *


  独学するよりはるかに早く新しいことを学べた。


  それも、それに関わる第一線で働いている人から。


  *


  そしてこれからは 


  年齢も 職業も 住んでいる環境も 全く異なる仲間達と

 
  つくるギルドという組織を どうすれば 


  みんなから 必要とされる組織に変えていけるか 挑戦したい。






こんな風にすれば もっと楽しいちゃう?





こんな時には こんな風に考えてみたら どうやろ?





どんなときも これだけは大事にしていこうな!









リアルが充実していないから オンラインで充実させるんじゃない


  リアルを充実させるために


  オンラインの世界を 実験場にしてしまっても構わない







オンラインだから こそ


  リアルで出来ないことが出来る








失敗したって 構わない


  良くも悪くも そのために リセット があるのだから。













Defeating Sociaty









オンラインゲームは 個人の娯楽を超えた


  大人のゲームだと思っています







  上記の意味を どう解釈するか が問われているからです。■









にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村

お付き合いありがとうございました!

  ぜひ 無双オンラインでも お会いしましょう!





関連カテゴリ 「序論」

無双の履歴書 At a glance

無双の履歴書 付記 






                 ■ 履歴書 ■




構成B-3





氏名 : keiko @ 桃園大学

     20代 兵庫回線

生年月日 : 2008年 5月(旧 リョフ時代)

所属 : 蜀 東広場 撃破研究会ギルド

身分 : 四征将軍




無双暦 : 7年(オフラインを含む)




2004年 友人宅で何気なくやった 戦国無双が忘れられず PS2と同時に購入

    戦国 → オロチ → 三国 と変遷する




2008年 遠距離恋愛になった寂しさがきっかけで 三国無双onlineをはじめる

    ■Tenjin.渤海 義800 消去

    ■農業行政官.?? 義300 消去

    ■keiko.渤海

    3ヶ月間の完全ソロ時代をすごす            【第2期】

      今後の基礎となる 撃破理論をつくる

    「撃破研究会」という部屋名で 新参撃破部屋を立て続ける【第3期】

      有志3人と「撃破研究会」ギルドを設立 マスター就任

      撃破連携理論の基礎をつくる            【第4期】




2009年   他のギルドとの「サブ重複在籍」問題に取り組む   【第10期】

      ギルド運営に挫折し 撃破研究会から退会する    【第5期】

    ■keiko.渤海 義15000 消去    

    ■鳩三郎.襄陽

      野良激突 トラウマだった対決を克服し 対決理論の基礎をつくる【第6期】

    ■桃園大学.襄陽

      対決戦で勧誘され、「スノースワン」ギルドへ入会

      ブログ「桃園大学ライブラリー」を開始

      三国志検定 3級合格

      マスター不在の状況より マスター就任 ギルド名を「///RainBow////」に改める

      「意図しない回線切断」問題に取り組む          【第9期】




2010年   対決思考のメンバーと折り合いがつかず ギルドは解散となる【第7期】

    ■Lily.襄陽

      社会人ギルド「sesions」に桃園大学とともに入会

    ■Lily 義4000 消去

      


      撃破研究会メンバーにすべてを話し、sesions を脱退し、撃破研究会へ再入会する【第8期】    

    ■keiko.成都

      オフィサー就任

      ブログ名を「真・撃破研究会 Rainbow Reports」に改める

      ギルドイベントや 制圧講座 を開始。

                              以上





    <現在>

     鳩三郎 義4000

     桃園大学 義22000

     keiko.成都 義16000

       累計獲得義 : 62300




称号 : 双錘を極めし者 撃破の修羅 など

趣味 : 戦術や武器鍛錬などをあれこれ考える

長所 : 陽気、ポジティブ二スト 科学的思考で考える

短所 : 寝落ち 偏屈 突拍子もないことを行ってメンバーを困らせる






アピール 

   : 撃破は誰でも必ず上手くなる が信条。

       必ず と書いたのは、技術は他人に正確に伝えることが出来て初めて

       技術と呼ぶ
 と考えているので、新規プレーヤーがポイントを

       順を追って身につけられるような体系的な攻略を進めているから。


       誰でも と書いたのは、不完全ながらも

       そのポイントを伝えたプレイヤーが十分なレベルまで

       例外なく上達した経験から書いています。


     しかし、たとえ 上達した としても、愉しめなければ意味がない。
       

       ただ 運営から与えられたものだけを楽しむには


       このオンラインの世界は勿体ない。

       自分が愉しみ、メンバー同士が愉しませあえる、

       そして 実生活さえも豊かに出来る、

       そんなチーム創りを一緒にやってみませんか?^^



                           以上











本日 スノボデビュー
コケて起き上がるのに、エネルギーの90%を使いましたが
そんな へたっぴでも 最高でした!!


にほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ
にほんブログ村


応援ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。